警察博物館に行った話

  • 2019.02.25 Monday
  • 16:19

バイクで移動するようになってから気がついたことがあります。

それは白バイの隊員はバイクの技術が高いということ。

 

もちろん、非常に近い知人に白バイ隊員がいるので、その技術の高さは知ってはいたのですが、自分がバイクに乗るようになると350kg〜450圓箸い重量のバイクを自由自在に操る技術のすごさが身をもって分かるようになりました。

 

とはいえやはり男なら、そしてバイク乗りとしては、一度白バイというものにまたがってみたいではありませんか。そんな話をしていると、どうやら警察博物館では白バイにまたがることができるというではありませんか。ということでさっそく東京都中央区京橋三丁目5-1にある警視庁の警察博物館に行ってきました。

 

 

ちなみに、トリップアドバイザーによると東京都中央区の観光スポット522軒中、第31位の人気だそうです。1位は浜離宮恩賜庭園、2位は歌舞伎座ときて第30位が日本橋眦膕阿世修Δ任垢ら、なかなかの順位。

 

正面玄関にはマツダRX-8のパトカーが飾られています。

 

そして建物内に入ってみると…ありました!

 

白バイ…じゃなくて赤バイ!

*赤バイにはまたがることはできません。

 

なんでも、現在の白バイはそもそも「赤バイ」だったらしいのです。大正6年(1917年)というと、今から102年前ですが、東京都内には1,300台の自動車があったようなのですが、交通事故による死亡者数が51名、負傷者が3,600人に達したそうです。ん!?活字で見るとスルーしてしまいそうですが、1,300台の自動車で負傷者3,600人ということは車一台当たり約2.8人を負傷させている計算になります。恐ろしい話です。人々が、まだ車と言うものに慣れていなかったのかもしれません。ということでとにかく事故が多く、警察活動にも機動力が必要だったことからバイク部隊が創設され、そのバイクの色を赤に統一したことから「赤バイ」となったようです。この写真では写っていませんが、横にはサイドカーがついています。

 

そしてその横に、ありました。白バイです。

 

制服をレンタルして、キラキラと輝く目をした少年少女たちの列に、普段と同じ格好で、キラキラと輝く目をしてお髭を生やした大きなおともだちも並び、写真を撮ってもらいます。

 

 

どうでしょう、この疾走感。しかも大きなお友達は模範となるべきなのにノーヘルであります。

まさに「こういう大人になってはいけない」という模範でしかありません。

 

さて、警察博物館は1階から5階が展示スペースとなっています。写真を撮ることが許可されていないスペースもあり、ここでの掲示はできませんが、ありがちな「展示品を並べただけ」の博物館とは異なり、鑑識体験や刑事体験等のコーナーが充実しており、子供たちだけでなく、大きなお友達でもかなり楽しめる内容になっています。また殉職された方のストーリー等も見ることができ、もちろん殉職された方自身は無念かもしれませんが、残された方々の気持ちについ感情移入してしまい、感謝と共にやりきれない気持ちがわいてきます。

 

そういう意味でも、大変よい勉強になる機会でした。

 

JUGEMテーマ:ぶらり旅

ワッチムービー、ワイルアイムービン

  • 2019.02.18 Monday
  • 12:59

見識を広げ、世の中には色々な考え方や習慣、文化があることを感じるのはとても大切なことです。それは自分自身を成長させ、物事には色々な捉え方があることを学び、人生をうまく生き抜く糧となるからです。人生に起きるちょっとした出来事、例えば何か良い事が起こった、悪いことが起こった、こんな人に会った、あんな目に遭った、そういったことにどう対処すればよいのか、うまく対処するための生き方の引き出しになるのです。

 

そしてそのような自分の見識を広げるには、読書や映画、ドラマ等を楽しむのがとても効率が良いものです。自分の人生では体験することのできない人生を、ぎゅっと凝縮して体験することで、モノの見方が増え、知識が身に付き、血肉となっていきます。

 

ところが、ビジネスの世界にいるとその忙しさゆえに、なかなか見識を広げるための作品を楽しむ時間がなくなります。それはまるで食事を摂ることが大切なことだと頭では分かっているのに、次の仕事のために動かなければならず、気が付いたら食事を摂らずに一日を過ごしていたというようなケースにとても似ています。

 

これでは自分が成長しないどころか、いつの間にか衰えていく。頭のキレも悪くなる。時代についていけなくなる。というような未来が見えているわけです。なんとかしなければと思っていた矢先、スマホにとある機能があることに気づいたのです。

 

実は私が思っていたよりも時代は進んでいたようで、いつのまにか映画やドラマ、本などはダウンロードして自分のスマートホンで楽しむ時代になっていたようです。もちろんスマホでそのような作品を楽しんでいる人がいることは知っていました。ただ「パケットがもったいないやん」などと思っていました。ところがこれは完全に時代遅れでした。

 

作品はアマゾンプライム等でSDカードにダウンロードして、オフラインでも楽しむことができるというではありませんか。恥ずかしながら、SDカードは撮りためた画像でスマホのメモリが一杯になった時に使うものくらいの認識でした。

 

それが分かってからというもの、もうダウンロードしまくりです。そして移動中にそれらの作品を楽しんでいます。

 

ジェイソーンボーンのシリーズや友人の影響で観るようになったトランスポーターシリーズを皮切りに、割と男が好きそうな映画やドラマの王道を走っている感じです。

 

最近のお気に入りは「イコライザー」という、デンゼル・ワシントン主演の映画です。ストーリは分かりやすく勧善懲悪モノなのですが、デンゼル・ワシントン演じる主人公のロバートを通して語られる、男の生き方がとてもカッコよくて好きなのです。細かいことまできっちりとすること、人生において大切なのは、正しい心をもつこと、きちんと勉強すること、体を鍛えること、慎みをもって生活すること、そして夢をもつこと。こういった当たり前なのにいつの間にか自分が怠惰になっていた部分を戒められる映画でした。

 

ダウンロードしては作品を楽しんでから削除していく中で、いまだにずっと私のSDカード内に保存されており、何度も何度も見返しています。

 

さて、部屋を片付けて「修道士のような部屋」にしなきゃ…

 

 

 

JUGEMテーマ:ぶらり旅

福岡空港のダイヤモンドプレミアラウンジで匠にマッサージをしてもらった話

  • 2019.01.07 Monday
  • 17:57

子供の頃、銭湯の脱衣所に置いてあったマッサージチェアは、拷問器具でした。

マッサージチェアのマッサージは、とにかくくすぐったくて仕方ありません。

当時のそれは、椅子の背もたれ部分にローラーが二つ付いて、スイッチを入れるとそのローラーが上下するというようなものだったと記憶しています。

疲れやコリとは無縁の子供だった私にとって、鬼ごっこで捕まった奴隷を「10秒耐える」という拷問にかけるための拷問器具でした。

 

時代は巡り、私もすっかり大人になり、疲れやコリといったものが何なのかを身に染みて分かるようになるお年頃です。

 

特に飛行機などで長距離を移動するスケジュールが続くと本当に疲れます。

空港には10分100円だか200円だかのマッサージチェアが置いてありますが、子供の頃の拷問ごっこのイメージもあり、なんとなく敬遠していました。くすぐったがっているのを誰かに見られるのが恥ずかしいという気持ちです。

 

ところがある日、福岡空港のラウンジでフラフラと自分の席を探していたところ、奥の目立たないところに、マッサージコーナーがあり、マッサージチェア「匠」が鎮座しているではありませんか。

これはと思い、注いできたトマトジュースを一気で飲み干してグラスを片付けてから、マッサージコーナーで匠とご対面です。

 

自分が大人になったのと同じく、マッサージチェアも30年の時を経て進化をしているらしく、背もたれのローラーは見えませんし、何やら腕や脚をはめ込むスペースのようなものまであります。

 

さっそく座ってスイッチオン…

 

おお、これは‼

けっこうグイグイきます。くすぐったくはありません。やはり「匠」を名乗っているわけで、くすぐったいと感じさせてはダメなのでしょう。

10分ほど全身を匠にマッサージしてもらい、一回離れて、また見に行ってみると、匠は暇そうだったので、もう一セットお願いする運びとなりました。

 

私が大人になったのか、匠が巧みなのか分かりませんが、もはや拷問などではありません。

施術後は体が軽く感じたので、あの日は飛行機も少し燃費が良かったのではないかと思います。

 

小さな滑走路

  • 2018.06.02 Saturday
  • 15:08

30年前、ここを走り回っていました。 そしてそれぞれが、それぞれの道を歩いていきました。 自分自身もです。 僕たちにとっては滑走路なのです。

 

打倒ふなっしー

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 12:26

稲城長沼に来ているなしよ。

 

 

梨が特産で、街のあちこちで梨にまつわるあれこれを見ることができるなっしー。

 

これは地域に伝わる「梨唄」の碑なっしー

 

 

また、メカニックデザイナーの大河原邦男さんの出身地であるということで、ガンダムのモニュメントがあるなっしー。

 

台場?船橋?そんなの全然関係ないなっしー。

稲城長沼NO.1なっしー。

 

 

JUGEMテーマ:ぶらり旅