相続と不動産〜その2〜

  • 2017.03.16 Thursday
  • 17:29

 

国税庁が発表する、平成27年度の相続税の申告状況によると、相続財産の内訳では、相続財産の内43.3%が不動産で占められていることが分かります。

 

つまり

「うちはお金とかない。父さんが残してくれた、この古い家だけしかないよ」

というような家庭でも、相続税の課税対象となる可能性があるということです。

 

例えば弊社の事務所のある東京都新宿区でも、都心を外れれば小さな戸建てが密集している地域があります。

そういう場所でも、路線価は520千円だったりします。

 

100平米の土地にこじんまりとした戸建てで慎ましく生活しているという状態だったとしても、家族構成によってはきっちり納税対象となったりするわけです。

 

さらに最近あったのが、お父さんが亡くなった時の一次相続で配偶者の税額軽減規定を活用し、わりとすぐに今度はお母さんも亡くなり(二次相続)、特例等が使えない。納税資金もない。どうしよう。というケースです。

 

結局このケースでは、思い入れのある土地建物を処分価格で売って納税資金を確保せざるを得ませんでした。

 

しかしもっと早い段階で、相続に強い税理士&宅建業者のチームと連携を取り対策を立てておけば、資産を最大限残す相続のやり方もありました。

 

ですから、できるだけ家族みんなが元気で健康な内に、きっちりと相続の準備をし、安心して長生きしていただきたいと思っています。

 

 

JUGEMテーマ:相続

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM