ワッチムービー、ワイルアイムービン

  • 2019.02.18 Monday
  • 12:59

見識を広げ、世の中には色々な考え方や習慣、文化があることを感じるのはとても大切なことです。それは自分自身を成長させ、物事には色々な捉え方があることを学び、人生をうまく生き抜く糧となるからです。人生に起きるちょっとした出来事、例えば何か良い事が起こった、悪いことが起こった、こんな人に会った、あんな目に遭った、そういったことにどう対処すればよいのか、うまく対処するための生き方の引き出しになるのです。

 

そしてそのような自分の見識を広げるには、読書や映画、ドラマ等を楽しむのがとても効率が良いものです。自分の人生では体験することのできない人生を、ぎゅっと凝縮して体験することで、モノの見方が増え、知識が身に付き、血肉となっていきます。

 

ところが、ビジネスの世界にいるとその忙しさゆえに、なかなか見識を広げるための作品を楽しむ時間がなくなります。それはまるで食事を摂ることが大切なことだと頭では分かっているのに、次の仕事のために動かなければならず、気が付いたら食事を摂らずに一日を過ごしていたというようなケースにとても似ています。

 

これでは自分が成長しないどころか、いつの間にか衰えていく。頭のキレも悪くなる。時代についていけなくなる。というような未来が見えているわけです。なんとかしなければと思っていた矢先、スマホにとある機能があることに気づいたのです。

 

実は私が思っていたよりも時代は進んでいたようで、いつのまにか映画やドラマ、本などはダウンロードして自分のスマートホンで楽しむ時代になっていたようです。もちろんスマホでそのような作品を楽しんでいる人がいることは知っていました。ただ「パケットがもったいないやん」などと思っていました。ところがこれは完全に時代遅れでした。

 

作品はアマゾンプライム等でSDカードにダウンロードして、オフラインでも楽しむことができるというではありませんか。恥ずかしながら、SDカードは撮りためた画像でスマホのメモリが一杯になった時に使うものくらいの認識でした。

 

それが分かってからというもの、もうダウンロードしまくりです。そして移動中にそれらの作品を楽しんでいます。

 

ジェイソーンボーンのシリーズや友人の影響で観るようになったトランスポーターシリーズを皮切りに、割と男が好きそうな映画やドラマの王道を走っている感じです。

 

最近のお気に入りは「イコライザー」という、デンゼル・ワシントン主演の映画です。ストーリは分かりやすく勧善懲悪モノなのですが、デンゼル・ワシントン演じる主人公のロバートを通して語られる、男の生き方がとてもカッコよくて好きなのです。細かいことまできっちりとすること、人生において大切なのは、正しい心をもつこと、きちんと勉強すること、体を鍛えること、慎みをもって生活すること、そして夢をもつこと。こういった当たり前なのにいつの間にか自分が怠惰になっていた部分を戒められる映画でした。

 

ダウンロードしては作品を楽しんでから削除していく中で、いまだにずっと私のSDカード内に保存されており、何度も何度も見返しています。

 

さて、部屋を片付けて「修道士のような部屋」にしなきゃ…

 

 

 

JUGEMテーマ:ぶらり旅

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM