こういうので良いんだよを求めて〜その1〜

  • 2019.03.04 Monday
  • 17:45

先人たちの努力のおかげで我々現代人は、勤勉に働いていればほとんどの場合飢えることなく生きていくことができるようになりました。それどころか、先人たちでさえきっと想像できなかったような豊かさを享受することができるようになりました。

 

「お腹いっぱい食べたい」という豊かさは「美味しいものを食べたい」という豊かさを生み、「美味しいものを食べたい」という豊かさは「人とは違うちょっと変わったものを食べたい」という豊かさを生みました。ほんの20年〜30年ほど前では和食屋さん、洋食屋さん、中華料理屋さんといったジャンル分けができましたが、それぞれがさらに分岐して、今や街に出れば、和・洋・中といった大雑把なジャンル分けでは済まされません。私の好きな”ゆるゆるローカル”インドカレーやペルー料理、シュラスコといったような、世界各地の料理が楽しめます。また聞いたことのないような食材や調理法等も増えてきました。

 

それだけではありません。例えば私の故郷の福岡ではラーメンは500円以下の食べ物でしたが、同じく福岡出身のラーメン屋さんが展開する東京のラーメン屋さんでは5,000円(のコース)です。誰がそんな未来を想像できたでしょうか。

 

つまり選ぶことができる横の幅(種類)と縦の幅(金額)がとても広がっているのです。

 

「九州の食いしんBOY」改め「八王子の食いしんBOY」こと私、割と色々な食事を楽しませていただいているのですが、最近この縦横共に高校野球地方大会レベルに広がったストライクゾーンを変化球で狙った料理に飽きてきたのです。まさに先人の想像できなかった未来。先人の耳に入ったら石斧をぶん投げられるレベルの発言で大変恐縮なのですが。

 

内外や高低のコーナーギリギリを変化球でかすめるように狙う食べ物ではなく、ど真ん中ストレートで勝負してくる食べ物が実は最強なのではないだろうかと、こう思うようになってきたのです。つまりお店に入って、メニュー表見て、価格見て、そして食べてみて「そうそう、こういうので良いんだよ!」とつぶやいてしまうような、そんな食事を探し求めるようになってきました。

 

そんな気持ちが意識にある為か、先週私はなんと三回もハンバーグを食べるという挑戦をしました。

 

一回目はアパホテル新宿御苑前のハンバーグランチをデミグラスソースで。しかもアパ社長カレー付き。サラダバー付き。どうですか。ど真ん中のストレートでしょう?

 

二回目は銀座ライオンのハンバーグ&エビフライ!もちろんデミグラスソースを選択します。ハンバーグはもちろん、エビフライもちゃんと海老が美味しい。

 

三回目はTHE SAKURA DINING TOKYOのチーズインハンバーグ。もちろんデミ(略。ここはお店の天井が高く、とても良い空間。なのにリーズナブルファミレス(和洋中がある)という王道で勝負するスタイル。

 

 

三軒ともまさに「こういうので良いんだよ!(誉め言葉)」でした。

 

しかし考えてみると、例えば新規事業を立ち上げるとなった場合に、つい「誰もやっていないこと」を「誰もやっていない方法で」というようなことを考えがちです。先行する強者との戦いを避けるための一つの方法には違いありませんが、強者が同じことをやりだせば途端に負けです。そして客はそれを求めていると思っているのは商売人側だけであるということも少なくありません。

 

逆にど真ん中のストレートでも当たり前のことを当たり前の場所で当たり前にやれば、もちろん客はそれを求めているので「王道」として受け入れられやすい。だから王道は王道として長年栄えているのでしょう。…と飲食店を長年経営する友人が言っていました。コンサルタントとかではなく、実業家が言うのだから説得力があります。

 

それはさておき、これに味をしめて八王子の喰いしんBOYはしばらく「こういうので良いんだよ!」を探す旅になりそうです。

 

JUGEMテーマ:ぶらり旅

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM