相続と不動産〜その13〜相続発生後にもできる税対策があります

  • 2019.04.05 Friday
  • 18:47

前記事;相続と不動産〜その12〜不動産をうまく利用して相続税を軽減する

 

当ブログでは常々、相続対策は頭も体も元気な内に、十分前もって取り組むことを強くお勧めしています。前もって取り組めば取り組むほど、効果的に節税を行い、より多くの資産を子孫に残すことができるからです。

 

とはいえ、不幸にも十分な相続対策を行うことができないまま、あるいは突然の相続が発生してしまうことは、あり得る話です。

 

ではそのような状況になってしまったときにとることのできる税対策はないのでしょうか。

 

〇空き家3000万円特別控除を使うことができないかどうか必ず確認する

 

昨今のニュースでも社会問題として取り上げられている「放置空き家問題」。住む人がおらず、管理する人もおらず、かといって解体には多額の費用もかかり、また建物が存在していると税額が低く抑えられることもあり、ただひたすら放置されている家が、近隣の環境を損ない、犯罪等の温床になっているという問題です。

 

売却することを検討するとしても、現場では大抵、現在は空き家となっているその家の、取得した際の費用(建築請負契約書や売買契約書等)が分からないことがほとんどであり、仕方なく売買価格の95%を取得価格として(国税庁HP;「取得費が分からないとき」

その20%〜30%の所得税を追加で支払うというようなことになると、手元に残る額はほとんどなくなるのが現実です。もちろんそれ以前に相続税も支払っているわけです。これでは一体何のために相続したか分からないという感想をもたれる方も多いものです。

 

その結果として、結局放置空き家が増加し、社会問題化していることを受け、平成31年度税制大綱では空き家の譲渡所得について3,000万円を特別控除する措置の、拡充と平成35年12月31日までの延長が決定しました(以下「空き家3,000万特別控除」)。

 

空き家3,000万特別控除とは、相続時から3年を経過する日の属する年の12月31日までに、被相続人の居住の用に供していた家屋を相続した相続人が、当該家屋(その敷地を含む。また耐震性のない場合は耐震リフォームしたものに限る)や、取り壊し後の土地を譲渡した場合に、譲渡所得から3,000万円を特別控除する制度です(国税庁HP;「被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例」)。

 

例えば2016年4月5日に、故郷に独りで住んでいた親が亡くなり相続が発生したとすると、2019年4月5日が3年を経過する日となりますので、その年の12月31日までに、相続した故郷の家を売れば、譲渡所得から3,000万円を特別控除してもらえるということになります。今までもこの制度自体はありました。しかし被相続人が老人ホーム等の施設に入居しているというような場合には、「被相続人の居住の用に供していた家屋」とは認められず、空き家3,000万特別控除の適用が受けられませんでした。

 

しかし平成31年4月1日以降に行われる対象家屋の譲渡では、被相続人が老人ホーム等に入居していたというような場合でも、空き家3,000万特別控除の適用を受けることができるようになります。

 

したがって、例えば故郷の親が住んでいた家(空き家)を相続したが、どうすれば良いのか決まっていないというような状況で、処分してしまうことも選択肢の一つであるのならば、なるべく早く(相続発生から3年以内に)、譲渡してしまうことが、税対策という面からは良い選択肢となる可能性が高くなります。

 

『相続人が「耐震リフォームしたもの」や「取り壊し後の土地」を譲渡する』という条件が気になるかもしれませんが、仮に相続人がリフォーム費用や建物取り壊しの費用を準備することが難しい場合でも、経験を積んだ宅建業者であれば、この条件を満たすスキームを提案してくるかもしれません。まずはお近くの信頼できる宅建業者にご相談になられることをお勧めいたします。

 

 

府株式会社 宅地建物取引士 永 秀一郎

 
不動産の売却、買い取りのご相談は
http://gafu.asia
メール info@gafu.asia
TEL 042-656-7414

 

併せて読みたい記事;

「相続と不動産〜その5〜相続できる人と相続できる額」

「土地の売り買いの際に土壌汚染調査が必要な場合とは」

 

JUGEMテーマ:相続

 

 

コメント
コメントする