令和元年度宅建試験直前対策としてやるべきこと

  • 2019.10.08 Tuesday
  • 10:29

今年も、宅建試験の時期がやってきました。

今年の宅建試験は2019年10月20日(日)13:00〜(5問免除者は13:10〜)です。

受験生の皆様は直前の追い込みを頑張っておられるのではないでしょうか。

 

昨年度、平成30年の宅建試験は213,993人、合格者は33,360人、合格率は15.6%でした。

実際の申し込みは265,444人ですから、試験に当日に来られなかった方が約51,000人、これを含めて考えると、実際の合格率は12.6%といったところでしょうか。データを見ると毎年大体同じような数字で推移していることから、今年も同じような傾向になると推測できます。

 

しかし、受験者数や合格率などはどうでもよいことです。実際に受験者としてやるべきことはたったの2つです。

1.きちんと勉強し、宅建の正確な知識を身につける

2.体調管理に気を配る

この2つです。

 

1.きちんと勉強し、宅建の正確な知識を身につける

宅建試験の受験生にとって、この宅建試験というのは単なる通過点に過ぎません。宅建試験とは、受験日当日において受験生が不動産を取り扱うプロとしてのスタートラインに立つ知識と能力を有しているかどうかを判断する試験にほかならないからです。宅建試験の合格はゴールではなく、初歩の初歩、単なるスタートラインです。スタートした後は、受験のためにしたのと同じレベルの勉強を毎日積み重ねる必要があります。つまり勉強それ自体がプロフェッショナルとしての生活の一部、ルーティンになっていることが必要です。

 

したがって、試験直前だからといって特別なことをする必要はありません。今まで積み重ねてきた勉強の日々を続けていき、その途中に宅建試験というチェックポイントを通過するというだけのことです。受験生の中にはこの時期に不安を感じ、難易度の高い予想問題等に手を出す方もいらっしゃいますが、我々のような毎日不動産を取り扱う仕事をしている人間でも理解できない細かい知識等を覚える必要はありません。ひたすらに過去問の正解率を高めていくことが王道であり、最も合格率が高くなる勉強法であることは間違いありません。

 

2.体調管理に気を配る

じつはこの体調管理こそ最も重要な試験直前対策です。知識は毎日の勉強を積み重ねれば誰でも得ることができます。しかしそれを試験当日にアウトプットできるかどうかは体調に大きく左右されます。「よく問題文を読んでいれば分かったのに!」「知っていたのに思い出せなかった!」「周りが気になって集中できなかった!」こういう状況は、自分の体調が整っていない時に訪れます。

 

バランスの良い食事を摂らずに脳に糖質を含む栄養素が足りない状況では、正しく知識をアウトプットすることは難しくなります。あるいは睡眠を取らずに試験に臨めば当然、回答の正確度は落ちます。アメリカの学会誌「sleep」で発表された実験が参考になります。この実験では夜勤をする医師と夜勤がない医師をそれぞれ20名ずつのグループに分け、タブレットの画面に丸い図形がランダムに出現する画像を5分間見て、図形が出るたびにボタンを押すという誰でもできる単純な作業をさせました。夜勤がなく、きちんと睡眠を取っているグループの医師たちは、正確に反応しました。しかし夜勤明けの医師たちは90回出現する図形の内、3〜4回図形に反応することができないという結果を出してしまいました。この現象をマイクロスリープといい、脳波を見ると、1秒から10秒、脳が無意識に眠っている状況になっています(参考;「スタンフォード式最高の睡眠」西野精治著)

 

宅建試験の受験生は大抵、毎日各自の仕事を行っており、特に不動産業界で働いていると(慣習として)長時間労働や不規則な食事になりがちです。帰宅が夜遅くなることもあるでしょう。しかし、自分自身の能力を最大限に発揮することこそがプロフェッショナルとしての条件ですから、自分のコントロールできるところでは体調を万全にするための対策を取らなければなりません。例えば食事を三食きちんとバランスよく食べることや、お酒を控えること、少しの運動をすること、遅くまでスマホを見るのを止め早く寝ること、こういったことは自分自身で気を付けてコントロールできることではないでしょうか。

 

そのような毎日の積み重ねが、宅建試験と言うチェックポイントを万全な状態で通過する最も大切な対策となることは間違いありません。

 

さて、本年度令和最初の宅建試験の合格発表は令和元年12月4日(水)午前9:30です。

不動産取引のプロフェッショナルとしてスタートラインに立たれた皆様と、不動産の現場でお会いすることを楽しみにしております。

 

 

府株式会社 宅地建物取引士 永 秀一郎

 
不動産の売却、買い取りのご相談は
http://gafu.asia
メール info@gafu.asia
TEL 042-656-7414

 

 

コメント
コメントする