不動産は売り時?買い時?

  • 2017.02.26 Sunday
  • 10:48

日本銀行が2017年2月9日に発表した貸出先別貸出金によると、2016年の不動産業向けの新規貸出額が12兆2,806億円で前年比+15.2%だということです。

 

1〜3月;37,447億円

4〜6月;25,801億円

7〜9月;33,142億円

10〜12月;26,416億円

https://www.boj.or.jp/statistics/dl/loan/ldo/sector/index.htm/

 

一方需要サイドでは、総務省が2017年2月20日に発表した2017年2月1日現在の人口推計は1億2,504万5千人で、前年同月より29万1千人減少しています。

 

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2.htm#monthly

 

最後に市場ではどうか。国土交通省が2017年2月22日に発表した平成28年度3Qの不動産価格指数によると、住宅で106.7(2010年が100)、商業用不動産で115.3(2010年が100)となっています。

 

http://tochi.mlit.go.jp/kakaku/shisuu

 

まとめると、

供給:増えた

需要:減った

価格:高い

 

ということで、価格の調整局面入りが近いことが分かります。

 

前回のバブルではまだ、その先に需要を強くする要素(団塊Jr.世代)がありましたが、今回の価格の調整局面では需要を強くする要素が見当たらないこと、及び過去最大の新規貸出額となっていることから、個人的には不動産向け金融の引き締めによる高い金利との合わせ技で前回以上の下落を予想することが自然だと思っています。

 

いずれにしてもリスクヘッジが必須となります。

 

JUGEMテーマ:アパート経営・賃貸経営

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM