せうゆ

  • 2018.03.01 Thursday
  • 11:29

 

九州の醤油は甘いと言われます。

私の中で醤油とはあの味で、関東の醤油は類似品だと思ったりしてしまうのです。

九州の醤油が甘いのは、砂糖類や甘味料が他の地域より多く添加されているからだそうです。

 

その理由として

1.ポルトガルとの貿易港だった長崎があり、砂糖が輸入されたりあるいはサトウキビがよく採れる地域である

2.温暖な気候なので消費カロリーが高く、その補給のために甘いものを好み、結果調味料も甘いものがこのまれるようになった

3.海に囲まれていて漁業が盛んだが、漁師さんが海の上での労働エネルギー(糖質)を補給するために甘くした

4.辛口焼酎が好まれる地域柄、焼酎の成分に糖分がほとんど入っていないので、つまみの味付けに糖分を含んだものが好まれるようになった

という諸説があります。

 

個人的には、辛味の中に甘味あり甘味の中に旨味あり、という九州の醤油のニュアンスが、とても奥深い意義や教訓をもっているようで気に入っています。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM