不動産の税金〜不動産取得税その3〜

  • 2018.12.07 Friday
  • 16:35

前回までの記事で、不動産を売買等で取得した場合には不動産取得税が発生すること、そして住宅を取得した場合の軽減措置についてみてきました。

 

参照;

「不動産の税金〜不動産取得税その1〜」

「不動産の税金〜不動産取得税その2〜」

 

今回は、住宅を取得する場合の軽減措置の内、土地についての軽減措置をみてみましょう。

 

住宅用の土地を取得したときも、軽減措置があります。

 

〇新築住宅の敷地の場合

(1)住宅を新築するに当たって、先に土地だけを取得する場合、この土地を取得してから3年以内に、その土地の上に住宅が新築されることが必要です。

(2)建売のように住宅の新築より後に土地の取得が行われる場合には、住宅を新築した方が、1年以内にその敷地を取得しているか、新築未使用の住宅とその敷地を住宅の新築から1年以内(同時取得を含む)に同じ方が取得していることが必要です。

 

〇中古住宅の敷地の場合

中古住宅の敷地の場合には、土地を取得して1年以内にその土地の上にある住宅を取得するか、住宅を先に取得した場合には住宅の取得後1年以内にその敷地を取得していることが必要です。

 

上記のような場合に、

機45,000円(税額が45,000円未満である場合にはその額)

供ヅ效1崚たりの価格×住宅の床面積の2倍(1戸につき200平米が限度)×3%

のいずれか高い方の金額が税額から控除されることになります。

 

~軽減を受けるためには何が必要か〜

住宅や住宅用土地を取得した場合には、その取得の日から原則60日以内に、必要な書類を添えて、物件所在地の管轄の都道府県税事務所に申告する必要があります。必要な書類は概ね下記です。

 

【必ず必要なもの】

□売買契約書

□売買代金の領収書(手付金、中間金、決済金等に分けた場合には全部)

□登記事項証明書(土地、建物)

 

【物件の種類によって必要なもの】

□平面図

□検査済証

□建物引渡し証明書

□長期優良住宅認定通知書

□建築工事請負契約書

□住民票

□耐震基準適合証明書

 

詳細は物件所在地の管轄都道府県税事務所に尋ねると、とても丁寧に教えてくれます。

 

府株式会社 宅地建物取引士 永 秀一郎

 
不動産の売却、買い取りのご相談は
http://gafu.asia
メール info@gafu.asia
TEL 042-656-7414

 

併せて読みたい記事;

「不動産の税金〜不動産取得税その1〜」

「不動産の税金〜不動産取得税その2〜」

 

JUGEMテーマ:アパート経営・賃貸経営

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM